ひばスポブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こぼれ話

『 この仕事が自分に合っているのか? 時々そう思うんです。 』

以前 息子がお世話になったある先生が、ふと漏らした言葉。

私はその先生と接していて 理想の先生だな~。
と思った事がなんどもある。

『 生徒と関わるのが億劫だなとか、そう感じたりする事あります? 』

『 いえ、全然。 むしろ不思議なくらい 子供には腹が立たないのです。
次は大丈夫。がんばれ~。ほらできたじゃない。
他の先生みたいにあまり、厳しくできないんです。』

学校のスタンスとのギャップに悩んでいたのかもしれませんね。

指導方針のギャップも 私は気になりません。
いいじゃないですか。
みんな先生が同じように接してきたら・・・
それは正しいかもしれないけど、息がつまっちゃう。
そんな先生がいてもいいと思う。
きっと救われている生徒は多いと思いますよ。

私もふくめ、先生と話をすると、ほっとするんだと思います。
生徒は、ちょっと甘えすぎているかもしれませんけど。
いつも、その子の気持ちに添って向き合ってくれる。
私はそこがいちばん素敵だと思うし、子供たちは感じていると思いますよ。


ベテランになってもなお、『これでいいのだろうか? 』
いつも自分に問いかける事ができる人は少ないと思う。
先生はそれを忘れたらいけないのに・・・。


何より子供達に接するのが嫌いでなければ、
きっとこの仕事が 合っているのだと思いますよ。


一学年150人。
毎年、この世代の子供たちと関われるんです。
そんな仕事他探しても無いですよね。

この時代の子供たちにどっぷり関われる仕事なんて
学校の先生か、ひばスポくらいですからね~。



年々マニュアル化されていく学校が気になります。
頑張っている先生達が
『 先生のあるべき姿 』 でいられるように、
保護者も応援してあげたいですね。




スポンサーサイト
  1. 2011/07/12(火) 12:07:36|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<どこかで繋がっている? | ホーム | 揺れる気持ち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hibaspo.blog107.fc2.com/tb.php/101-a09e9cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。